コンテンツの作成手順

WordPressでコンテンツを作成するには「投稿」もしくは「固定ページ」を使います。

コンテンツはWebサイトの肝になる部分のため充実させていきましょう。

投稿と固定ページの違い

WordPressでコンテンツを増やすには「投稿」もしくは「固定ページ」を使って作成していきます。

どちらも同じような機能になりますが、微妙な違いがあります。

投稿は簡単に言うと「ブログ」のためにある機能です。

作成したコンテンツを時系列で一覧化したり、カテゴリーを設定して分類ができます。 

固定ページには上記機能はありません。

そのためブログに限らずお店のお知らせを時系列で表示したい時なんかも投稿が便利になります。

逆に固定ページは時系列やカテゴリーという考え方がないため、会社情報や問い合わせ画面など、残しておかなければならないものが適しています。

投稿:日付やカテゴリーが表示される

固定ページ:日付やカテゴリーが表示されない

ブロックエディターの基本

WordPress5.0になってエディターが大きく変わりました。

今回はWordPress5.0から標準搭載となったブロックエディターを使用したコンテンツ作成方法を紹介します。

特徴はブロック単位で分かれていることで、このブロックをひとまとまりとして記事を書いていきます。

また、ブロックの種類は用途に応じて選択ができます。

タイトルと本文を入力してみよう

まずはタイトルと本文を入力してみましょう。
ここでは「投稿」をベースに手順を解説していきます。

① 管理画面で「投稿」>「新規追加」をクリックします。

②タイトルを入力します。
③本文を入力します。

画像を追加してみよう

画像を追加してみましょう。

①+にカーソルを宛て「ブロックを追加」をクリックします。
②メニューが表示されたら「画像」を検索してクリックします。

③画像は「アップロード」「メディアライブラリ」「URLから挿入」のいずれかの方法で追加します。

④追加した画像は、配置の変更やリンクの挿入、キャプションの入力、スタイルの変更などが行なえます。

文字を太くしてみよう

文字を太くしてみましょう。

①太くしたい部分をドラッグして選択します。
②太字アイコンをクリックします。

リンクを作成してみよう

リンクを作成してみましょう。

①リンクを作成したい部分をドラッグして選択します。
②リンクアイコンをクリックします。
③URL入力後、送信ボタンをクリックします。

文字の色を変更してみよう

文字の色を変更してみましょう。

①色を変更したい部分をドラッグして選択します。
②プルダウンから「テキスト色」をクリックします。

③文字の色を選択します。

見出しを作成してみよう

見出しを作成してみましょう。

①+にカーソルを宛て「ブロックを追加」をクリックします。
②メニューが表示されたら「見出し」を検索してクリックします。

③見出しレベルを変更します。
④見出しを入力します。

パーマリンクを変更しよう

パーマリンクは分かりやすいものに変更しておきましょう。

①文章をクリックして「パーマリンク」を開きます。
②投稿名をURLスラッグに入力します。

カテゴリーを設定しよう

カテゴリーは「投稿」にある機能になります。

カテゴリーの作成

投稿が増えていくと、訪問者は目的のページを探しにくくなってしまいます。

ページをカテゴリーで整理しておくことで、必要な情報を効率良く探し出せるようになるため、投稿する前に決めておきましょう。

なお、カテゴリーは後で追加変更することが可能です。

①管理画面で「投稿」>「カテゴリー」をクリックします。
②カテゴリー画面で「名前」と「スラッグ」を入力します。
③最後に「新規カテゴリーを追加」をクリックします。
※スラッグはカテゴリー別の一覧表示のURLに使用されます。

カテゴリーの設定

事前に登録しておいたカテゴリーを設定することが可能です。

①文章をクリックして「カテゴリー」を開きます。
②設定したいカテゴリーを選択します。
※ カテゴリーは複数選択可能です。

アイキャッチ画像を設定しよう

アイキャッチ画像はコンテンツに興味を持ってもらうための簡単な画像になります。

記事一覧などで表示ができ、視覚的なイメージを持ってもらうことができます。

①文章をクリックして「カテゴリー」を開きます。
②アイキャッチ画像を設定します。

公開

コンテンツが完成したら公開を行います。

①事前にプレビューで確認します。

②プレビュー画面で内容に問題がないか確認します。
※この時点では公開されていません。

③修正点がなければ「公開」をクリックします。

④設定に問題がなければ「公開」をクリックします。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA